おはなしのおはなし story 3 ~ごめたん(2012~)

ごめたん

何年もつきあっているうちに、私はこの子をごめちゃん、とか、ごめたんと呼ぶようになりました。6年のつきあい。こごめ由来のなまえ、こごみ草、食べれる山菜、くるんとまるまったこごみと米を合わせたイメージです。私の育った地元では、こごみはよく食されていました。ハガキで、わらびやこごみの取れたてのきれいな写真を送ってもらったりするとなつかしく穏やかな気持ちになります。地味な植物ですが、すがすがしい野生の緑色をしており、今ではなかなか手に入らない貴重な山菜です。黒ゴマをすり鉢でゴリゴリしたり、甘口のゴマあえにすると、懐石に出せるくらい上品でおいしいんです。山里の味がします。

 

子どもの頃、「こめ(ら)はめごいな」~子どもたちはかわいいな。と、大人たちにかわいがられて育ちました。小さい子どもは、大きい子どもたちに「アブラムシ」と呼ばれ、優遇されて、遊びについていけるようになっていました。そういう温かい習慣を思い出しながら、こめのつく名前をずっと考えてきました。この子の絵を描いているときに、カカポっていう森の動物のことを子供が教えてくれました。飛べない鳥さんが森の妖精のように住んでいる。世界の不思議なこと。

 

なぜだかポロポロ涙が出てきたら、

一緒に集めてしまいましょう。

きれいにならべておきましょう。

 

onagaが描いてくれたふくろうさんを、

語り部として描き起こしているうちに、

ごめたんになりました。。

何枚も描いているうちに、

なぜだかネコさんに見えてきてしまった。



このウエブサイトに掲載されている、文章、写真、ストーリーを含むコンテンツを利用した類似サイトや、無断転用等については承認しません。